私たちが何かの製品を購入するとなると、保証が付属している場合があります。身近な物品で申し上げれば、家電製品ですね。いわゆるストーブや洗濯機などには、必ずと言って良いほど保証があるでしょう。ほとんどの製品には、保証書が付属しているはずです。車などにも、それがありますね。
ところで新しい家には、その保証に関する特徴があるのです。なぜなら大抵は保証が完備されているのですね。
そもそも住宅の中には、保証が完備されていないタイプもあります。いわゆる中古物件などの場合は、必ずしも保証されているとは限らないので、不動産会社に確認をする事がほぼ必須になるのです。もちろんそれが完備されている物件の方が望ましいですね。
ところが新築住宅の場合は、かなり高い確率で保証が完備されています。基本的には10年程度は保証されていますので、わざわざ中古物件のように保証の有無を確認する必要もありません。ある意味それが、新しい家のメリットの1つです。